運動療法 | 堺市の整骨院
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    足首の運動療法とアスレチック・リハビリ
    スポーツ選手がケガのあと、普段の生活では痛みが無くなっても

    スポーツをすると同じところが痛みだしたり

    いつまでも慢性痛で思ったようにプレーできないのは

    アスレチック・リハビリを充分に受けれていないからと考えます。

    当院では、日常生活での痛みが無くなった時点で

    スポーツ競技に応じたアスレチック・リハビリを開始して

    できるだけ早期のスポーツ復帰を目指しております。

    足指の骨折が治癒した後、歩くだけで足首に痛みが

    でるようになったCさんの症例

    Cさんが趣味の剣道に復帰するまでの経緯

    初診〜1ヶ月目まで 

    日常生活や仕事で足関節の痛みが消えるまで運動療法を行う

    足関節の柔軟性改善と筋力強化プログラム

    1ヶ月後〜  

    剣道の復帰に向けたアスレチック・リハビリを開始

    踏み込みや跳ぶなど剣道の動きに即したプログラム



    2ヶ月後〜 

    稽古を半分程度から段階的に再開 アスレチック・リハビリと平行

    足首の状態を確認しながら不足している筋力を補強するプログラムを追加



    3ヶ月後〜

    週2回の稽古に完全復帰 。剣道中の足首の痛みは消失

    治療開始4ヶ月後、四段の昇段試験に挑みました。


    現在はケガの再発予防を目的とした

    コンディショニングを継続中して頂いております。


       
    | 運動療法 | 21:56 | - | trackbacks(0) | - | - |
    0
      十字靭帯損傷の治療・運動療法

      高校生のとき、右膝後十字靭帯断絶のケガを負った

      Bさんの運動療法の症例を紹介します。

      Bさんはダンスのインストラクターをしていますが

      長年の痛みと不安感で右膝をかばうようなクセがつき

      膝は完全に伸びなくなっていました。

      思い切って踊れないもどかしさから、手術をすることも

      考えていたようです。

      私は、整形外科で勤務していたときの経験から

      運動療法でよくなる事例があることを知っていたので

      運動療法で、思い切って踊れるようになります。

      と話して十字靭帯治療の進め方を説明しました。

      .ぅ鵐宗璽觴N鼎鮃圓い泙后インソールは足底(足のアーチ)から膝を安定させる働きがあります。

      ⊇住靭帯損傷による膝の不安定は、筋肉を鍛えるより関節の感覚(深部感覚)をトレーニングする方法で改善できます。

      深部感覚トレーニング例

      1ι┐鬚ばうクセが悪影響となって、痛みが治り難くなっていました。膝の使い方を直す必要がありました。

      運動連鎖に基づく動作指導例

      .ぅ鵐宗璽觴N鼎鉢↓1親偉屠,鮃圓辰新覯

      治療開始3ヶ月で膝が完全に伸びるようになり

      膝の痛みは大幅に改善していました。

      7ヵ月後、膝の痛みと不安感はほぼなくなり

      思い切って踊れるまでに回復しました。

      現在は、コンディションを維持するために

      通院を続けて頂いております。















      | 運動療法 | 21:38 | - | trackbacks(0) | - | - |
      0
        体幹トレーニング
         長良川トライアスロン大会に出場したAさん

        無事に完走しました。

        タイムは自己最高タイムを更新しました。おめでとうございます!

        足裏と股関節の痛みは全くなく、早速次ぎのレースに向けて

        トレーニングを開始しています。当院の治療を開始してから

        足裏と股関節の痛みが無くなり、まだまだタイムが伸びそうです。

        レース中の動画を見せて頂いたのですが

        新たな課題が見つかりました。

        .好ムの経験が浅く、スィムで大きく遅れをとります。

        体幹が弱いので最後のランで大きくフォームが崩れていました。

        スイムに関して、私は専門外なのでお力にはなれないのですが

        対策として体幹トレーニングを開始しました。

        最後までフォームが崩れずに走れるように、体幹の筋力を鍛えます。

        体幹・コアが安定しスィムのタイムも伸びることが期待できます。

        そして、体幹・コアを鍛えると怪我をしにくい身体になります。



        コアコンディショニングトレーナーと

        FTPピラティスインストラクターを修了しています。

        アスレチックリハビリを取り入れた、本格的な体幹トレーニングは

        競技のレベルアップを目指す方を、応援するプログラムです。


        | 運動療法 | 20:24 | - | trackbacks(0) | - | - |
        0
          半月板損傷の治療インソール
           テニス中に膝の捻挫を受傷し、来院されたKさんの症例を紹介

          します。Kさんは数年前に右半月板損傷をしてから、度々膝の捻挫

          を繰り返し、関節にたまる水と膝痛の悩みを抱えていました。

          当初の捻挫治療が進み急性期の症状が治まってきてきたので

          捻挫の根本的な原因を調べるために足とシューズを確認しました。

          両足とも外反母趾で足のアーチが崩れていました。そしてKさんは

          外反母趾のために、大きめのテニスシューズを選んで

          履いていました。外反母趾と崩れた足のアーチ、

          そして大き目のテニスシューズが、半月板を損傷した不安定な膝に

          負担を掛け捻挫が繰り返されることが考えられました。

          インソールで症状がよくなるか確認してもらうために、

          普段履きの靴にインソールを入れて動作分析をしました。






          インソールなしの状態 上の動画では、右膝を前に出して

          スクワットした時、深く曲がらないのが確認できます。

          インソール入れた状態 下の動画では、右膝の曲がりが

          改善されています。

          つづきます・・・

          | 運動療法 | 13:43 | - | trackbacks(0) | - | - |