十字靭帯損傷の治療・運動療法 | 堺市の整骨院
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マラソンとランニングによる腰痛の原因は | main | 足首の運動療法とアスレチック・リハビリ >>
0
    十字靭帯損傷の治療・運動療法

    高校生のとき、右膝後十字靭帯断絶のケガを負った

    Bさんの運動療法の症例を紹介します。

    Bさんはダンスのインストラクターをしていますが

    長年の痛みと不安感で右膝をかばうようなクセがつき

    膝は完全に伸びなくなっていました。

    思い切って踊れないもどかしさから、手術をすることも

    考えていたようです。

    私は、整形外科で勤務していたときの経験から

    運動療法でよくなる事例があることを知っていたので

    運動療法で、思い切って踊れるようになります。

    と話して十字靭帯治療の進め方を説明しました。

    .ぅ鵐宗璽觴N鼎鮃圓い泙后インソールは足底(足のアーチ)から膝を安定させる働きがあります。

    ⊇住靭帯損傷による膝の不安定は、筋肉を鍛えるより関節の感覚(深部感覚)をトレーニングする方法で改善できます。

    深部感覚トレーニング例

    1ι┐鬚ばうクセが悪影響となって、痛みが治り難くなっていました。膝の使い方を直す必要がありました。

    運動連鎖に基づく動作指導例

    .ぅ鵐宗璽觴N鼎鉢↓1親偉屠,鮃圓辰新覯

    治療開始3ヶ月で膝が完全に伸びるようになり

    膝の痛みは大幅に改善していました。

    7ヵ月後、膝の痛みと不安感はほぼなくなり

    思い切って踊れるまでに回復しました。

    現在は、コンディションを維持するために

    通院を続けて頂いております。















    | 運動療法 | 21:38 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.sakai-seikotuin.com/trackback/23